業界初!! 「製造PDMシステム」誕生

5S2
日本語-alfaDOCK — November 2017

中小製造業のデジタル変革1丁目1番地

『alfaDOCK』は、製造業のデジタル変革を実現する基本システムです

ドキュメント・図面管理から始まり、段階的な拡張でスマート工場を実現することができます。
オプション機能として、世界初図面の見える化4D-PHD(Paperless Hyper Document)、および当社が提供する4D-Factoryはサイバーファクトリーとしての『ものの流れ』・『人の流れ』・『情報の流れ』を可視化します。

基本システムと豊富なオプションの組み合せにより、あらゆる業種に適合します

alfaオフィス

alfaオフィス

GAIA

GAIA

デジタル5S

デジタル5S

alfaソケット

alfaソケット

設定

設定

『alfaDOCK』誕生の背景

出発点は経営者様が抱える悩み(経営課題)でした

経営課題
「事務と製造の効率化」
「技術の平準化と伝承」
「これらのほか製造業か抱える多くの課題をIoTで解決する」

では、どうやって?

IoTを推進する中小製造業のためのシステムとして、私たちが出した答えが『alfaDOCK』です。

『alfaDOCK』の特徴

『alfaDOCK』は、製造業のデジタル変革を実現する基本システムです。
ドキュメント・図面管理から始まり、段階的な拡張でスマート工場を実現することができます。
オプション機能として、世界初図面の見える化4D-PHD(Paperless Hyper Document)、および当社が提供する4D-Factoryはサイバーファクトリーとしての『ものの流れ』・『人の流れ』・『情報の流れ』を可視化します。

現有システム・現状の業務フローを変更することなく、後付型で活用することができます。
工場に存在するバラバラな各種情報 (ドキュメント・図面・CAD/CAM等)の『情報の5S化』を1丁目1番地として最新技術による段階的設備拡張により、ものづくりIoTを実現します。
各社員や現場端末(KIOSK)から全ての情報が見える化し、情報を探す時間が激減します。
社有化された各種情報は将来の貴重な財産となります。(人工知能【Gaia】活用)
50クライアントまで追加料金なしで利用できます。使用するPCはWindows/Mac, iPad等お客様の自由です。
従来と比較し、劇的な低価格投資を実現した、ものづくりIoTの最高峰システムです。

alfaDOCKのMINI Industry 4.0 システム構造図

ad1dfc6d5d17d6ea1b1a1a0b3867b08d

メールアドレスをご入力頂くと、直ぐにalfaDOCK資料を自動送信します

資料請求する

メールアドレスをご入力頂くと、直ぐにalfaDOCK資料を自動送信します

資料請求する

alfaDOCK 標準パッケージ 「3大機能」

  • <strong>ためる</strong>

    ためる

    データバックアップ
    【情報の共有化】

  • <strong>デジタル5S</strong>

    デジタル5S

    ものづくり管理
    【図面フォルダ】

  • <strong>使う</strong>

    使う

    ペーパーレス
    【情報の見える化】
    クライアント・フリー

alfaオフィス・alfaソケット 「ためる」の対象物

以下が、alfaオフィス・alfaソケットの「ためる」対象です。

◆電子情報ドキュメント、CAD/CAM、
図面、生産管理
◆ペーパー情報作業指示書、段取情報
◆保管情報検査結果、加工のコメント
◆ものづくり情報加工ノウハウ

alfaオフィス「ためる」の活用

ためた情報を「変換し活用する」機能があります。

自動変換
PDF

強力検索
全文検索

強力タグ付
属性追加

見える化宣言:

見えなかった2D/3DCADも「インターネットとブラウザ」でどこでも閲覧可能です。

クライアント・フリー

alfaソケット「ためる」の仕組み

alfaソケットが、バラバラな情報を「自動収集」します。

alfa標準ソケット

「電子情報」

ドキュメント
CAD/CAM、図面

alfaプリンタ ソケット

「ペーパー情報」

作業指示書
段取情報

※alfaスキャン

「保管情報」

検査結果
加工のコメント

※alfaカメラ

「ものづくり情報」


加工ノウハウ

※別売

デジタル5S 「デジタル5S」の準備

図面フォルダに属性が追加できます。

ステップ1

図面ファイル(alfaオフィス)

ステップ2

図番をキー属性として入力

ステップ3

図面フォルダ自動生成(デジタル5S)

※キー属性で図面フォルダが自動生成されます。

デジタル5S 「デジタル5S」の真髄(しんずい)

alfaソケットが、バラバラな情報を「自動収集」します。

図面ファイル

図面

2D/3D・PDF

図面属性

BOM

親子図面

図面属性

製造情報

レビジョンリリース

スキャナ(現場情報)

保管情報

検査結果

カメラ(現場情報)

ものづくり情報

加工ノウハウ

図面フォルダ

alfaKIOSK「使う」

製造PDMシステム

どこでも・誰でも
「クライアント・フリー」

Icon made by Vignesh Oviyan from www.flaticon.com 

日本国内向けalfaKIOSK

日本国内向けalfaKIOSK

『alfaDOCK』各機能のご紹介

基本機能1

  • お客様の自社にある各種ドキュメントデータを自動でクラウドにalfaDOCKに自動保存されます。

  • DXFデータ、Microsoft系データをalfaDOCK上で、どこでも読み取れるPDFデータの複製を自動で行います。

  • 管理者・ユーザ・ゲストの3種類の権限をそれぞれ発行することができます。権限別に社内運用を行うことができ、安全安心な運用を行うことができます。

  • 社内スタッフ別や部署別など運用に合わせてユーザを自由に作成することができます。

  • データをサムネイル表示及び一覧表示に自由にすぐに切り替えることができます。

  • アップロードをカンタンに実施することが出来ます。ドラッグ&ドロップもしくは選択してアップロードボタンを押すだけです。

  • クラウドに保存されたデータは高セキュリティクラウドで管理されております。安心・安全な運用を行うことが出来ます。

  • 標準で1TBまで使用することができます。また、1GB毎に追加することができます。

  • ファイル名称や拡張子・ファイル容量に加え、任意の属性を作ることが出来ます。これらの属性は検索機能が検索をします。

  • PDF、word/PowerPoint/Excelのなか見文字検索することができます。

基本機能2

  • お客様の自社にある各種ドキュメントデータを自動でクラウドにあるalfaDOCKに自動保存されます。

  • DXFデータ、Microsoft系データをalfaDOCK上で、どこでも読み取れるPDFデータの複製を自動で行います。

  • 図面番号の他に、顧客名や仕様書番号など任意の属性をつける事で、属性を検索機能が検索します。

  • 図面管理の上で、大事な現場で製造をする為の「リリース画面」と「過去図面」を明確に分けることができます。

  • データをサムネイル表示及び一覧表示に自由にすぐに切り替えることができます。

  • アップロードをカンタンに実施することが出来ます。ドラッグ&ドロップもしくは選択してアップロードボタンを押すだけです。

  • 管理者・ユーザ・ゲストの3種類の権限をそれぞれ発行することができます。権限別に社内運用を行うことができ、安全安心な運用を行うことができます。

  • 社内スタッフ別や部署別など運用に合わせてユーザを自由に作成することができます。

  • クラウドに保存されたデータは高セキュリティクラウドで管理されております。安心・安全な運用を行うことが出来ます。

  • 標準で1TBまで使用することができます。また、1GB毎に追加することができます。

オプション

  • クラウドにアップロードされた全てのデータをalfaDOCK 304 Proに二重バックアップします。

  • 標準ソケット類

    ・複合機スキャナシステム
    ・生産管理システム
    ・2D CAD/3DCAN
    ・CAMシステム
    ・各種自動プロなど

    ※接続の可否は現地調査が必要です。

    お客様先にある現有資産データを自動的にalfaDOCKに取り込みます。

  • 非接触型のスキャナからものづくりDXにダイレクトにアップロード。
    現場に眠っている”ものづくり情報”は属性情報と結びつけを行い、自動的に”ものづくりDX”で情報の5S化されたデータとなります。

  • 現場から専用アプリで撮った写真は、属性情報と結びつけを行い、自動的に”ものづくりDX”で情報の5Sされたデータとなります。

デジタル5S化をする

ご不明点は弊社日本橋テクニカルセンターまでご連絡下さい。

【アルファTKG 日本橋テクニカルセンター お問い合わせ先】
03-6262-6334(平日09:00-18:00)
info@a-tkg.com
〒103-0023  東京都中央区日本橋本町4丁目8−17 KN日本橋ビル802